認知的不協和理論

認知的不協和理論とは

Festinger, L.(フェスティンガー)が提唱。
この理論では、あらゆる対象に対して持っている知識や意見を認知要素と呼ぶ。人は様々な認知要素を持っているが、ふたつの関連した認知要素が矛盾する場合、不協和が生じ、その不協和状態を何とかして避けようとする傾向があると考えた。

よく知られる例として、喫煙者に関するものがある。
「喫煙は健康を害する」という認知と
「自分は喫煙をする」という認知が不協和な関係と言える、

その時、その状態を回避、低減する方法として

①認知要素の一方を変える(禁煙する、喫煙をは健康を害さないと思いこむ)
②認知要素の重要性を低める(いつ死ぬかわからないから、喫煙の害など大したことない)
③協和的な認知要素の重要性を高める(喫煙はリラックス効果があ)
④協和な認知要素を付加する(喫煙していても長生きしている人の情報を集める)
⑤不協和な認知要素を否定する情報を集める(喫煙と健康被害を否定する研究結果)

スポンサードリンク

シェアお願いします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください