割れ窓理論

割れ窓理論とは

ウィルソン(Wilson,L.Q.)とケリング(Selling,G,L.)による理論。

一枚の割れた窓が放置されることによって、周囲の環境が悪化し、住民が地域に対する愛着を失い、

犯罪が誘発され、さらに環境が悪化していくという悪循環が起こると考えた理論。

ニューヨークの「クリーン・カー・プロジェクト」が有名。

関連キーワード

ゼロ・トレランス方式

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください