Black Boxと月刊誌Hanadaを読んで思うこと

みなさん、この著書みましたか?

みていないなら、みることをおすすめします。

 

Black Boxと月刊誌Hanada

一人の男と女が

無理矢理レイプされた、していないということを

伊藤詩織さんは、Black Boxという著者や会見で

山口敬之さんは、月刊誌Hanadaの「私を訴えた伊藤詩織さんへ」やそれに関する会見で

それぞれの言い分を訴えている。

 

最近のそれぞれの会見は、

伊藤詩織さんが日本外国特派員協会(FCCJ)で、10月24日に(英語を交えてなので、少しみにくくなっている)

 

山口敬之さんは、月刊誌Hanadaのライブ配信に10月27日に登場

 

 

両方の訴えを聞いてみての感想は

結局のところ、第三者にはわからない

というしかない。

 

どちらかが嘘を言っているのかもしれないし

どちらも自分なりの真実を言っているのかもしれない。

 

 

Black Boxを読んで

さらに、「私を訴えた伊藤詩織さんへ」を読んで

それぞれの記者会見をみて

 

自分たちにできることは、そこから「いかに学ぶか」

 

なぜ、そこに評価、攻撃、憶測などを介入させようとするのか

それによって、何がうまれるのか

 

今回、この著書を読んで、勉強になったことがあるので、それを紹介

 

110年ぶりに、性犯罪に関する刑法が改正

はずかしながら、このこともこの著書で知りました。

施行は、2017年7月13日

改正のポイントがこちら

  1. 被害者を女性に限っていた「強姦罪」、「準強姦罪」から、男性も対象に含める強制性交等罪」、「準強制性交等罪」に名称を変更。そして、法定刑の下限を「3年以上の有期懲役」から「5年以上の有期懲役」に引き上げます。
  2. 懲役4年以上とされていた集団強姦等罪の規定は削除。
  3. 「監護者わいせつ罪」及び「監護者性交等罪」を新設。
  4. 上記①の罪、上記③のうちの「監護者性交等罪」又はこれらの罪の未遂罪を犯し、人を死傷させた場合について、有期懲役については「5年以上」から「6年以上」に引き上げ。
  5. 親告罪の規定を削除し、告訴がなくても起訴できるように改める。改正法の施行前に起きた事件にも原則適用。

 

日本で被害にあったときは

そのようなことを想定して生きているわけではないし

学校の性教育は、そんなことに触れるような次元に、全く達していない。

だからこそ、被害にあったときに、どのようなことを心得ておくかはとても重要。

女性はもちろん、娘を持つ親なら男性も、しっかり把握しておく必要があるし、伝えないといけない。

強制的に性行為が行われた場合は、救急外来に行く

このことは、詩織さんが著書の中で、にれの木クリニックの長井チヱ子院長にアドバイスされたもの。

 

※人口10万人あたりの事件認知件数  国連薬物・犯罪事務所(UNODC:United Nations Office on Drugs and Crime)2013年データより作成

著書の中でも、紹介されている2013年のデータ。

「届け出が出されている件数」というのを忘れてはならない。

日本が低い理由はなにか。

 

伊藤詩織さんが

再々訴えていることは、

「レイプ被害者を出したくない」ということ

この方が被害者なのかどうかは

第三者のわたしたちには、全くもってわかりませんが、

 

「こういった事件の加害や被害をなくしていきたい」

そのような視点で読むことをおすすめします。

 

シェアお願いします

2 件のコメント

  • 『でっちあげ』というタイトルの本を思い出しました。
    そもそも、実力がないのにコネで仕事をえようとしていることが問題。
    結局、いいように他人に利用されて捨てられるだけ。
    伊藤氏の本もこれ一冊で終わりでしょう。支援者は単に安倍政権にダメージを与えたいだけ。
    女性は本当にいやであれば、ホテルについて行きません。意地でも別の部屋に行きます。
    部屋にノコノコ行ったのは、コネで仕事をもらおうとする、卑しさがあったため。
    世の中そんなに甘くない。
    伊藤氏はある意味、本当のレイプ被害者を侮辱しています。

    • コメントありがとうございます。
      「でっちあげ」知りませんでした。
      色んな意見がありますよね。男は男で、美人に頼られたら嬉しいですし。
      誰にでも我がある限り、尽きないからこそ、自制、精進あるのみですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください