平成30年度公認心理師国家試験「問7」

スポンサードリンク

問7 条件づけについて正しいものを1つ選べ。

  1. 貨幣やポイントを強化子とした条件づけを二次条件づけと呼ぶ。
  2. 古典的条件づけは、条件刺激と無条件反応の連合によって成立する。
  3. オペラント条件づけによる行動変容以前の行動頻度をオペラント水準と呼ぶ。
  4. 連続強化による条件づけは、間歇強化による条件づけよりも消去抵抗が強い。
  5. 古典的条件づけにおいては、逆行条件づけは順行条件づけよりも条件反応の獲得が良好である。
解答

貨幣やポイントを強化子とした条件づけはトークンエコノミー法。

古典的条件づけは、条件刺激と無条件刺激の連合により、反応が変化することをいう。

オペラント条件づけによる行動変容以前の行動頻度をオペラント水準と呼ぶ。

連続強化による条件づけは、間歇強化による条件づけよりも消去抵抗が強いというのは逆。

古典的条件づけにおいては、逆行条件づけは順行条件づけよりも条件反応の獲得が良好であるは逆。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください