平成30年度公認心理師国家試験「問17」

スポンサードリンク

問17 P-Fスタディの実施と解釈について、正しいものを1つ選べ。

  1. 葛藤場面は、自我の退行場面と超自我が阻害される場面とで構成される。
  2. 攻撃性の方向が内外ともに向けられずに回避される反応を無責傾向と解釈される。
  3. 依存性と攻撃性の方向とパターンを分類及び記号化して、社会的関係の特徴を把握する検査である。
  4. 他者との葛藤状況における言語反応を、愛着関係の方向とパターンとに分類及び記号化して解釈する。
  5. 欲求不満を来す状況について、もしも自分であったらという想定における被験者の言語反応を分類及び記号化して解釈する。
解答
②・・・
葛藤場面は、各場面は自我阻害場面と超自我阻害場面。
攻撃性の方向が内外ともに向けられずに回避される反応を無責傾向と解釈される。
攻撃性の方向とパターンを分類及び記号化して、社会的関係の特徴を把握する検査である。

※⑤については、どこが間違っているのかがわからないです。誰か意見をください。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください