平成30年度公認心理師国家試験「問15」

スポンサードリンク

問15 E.H.Eriksonのライフサイクルについて、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 人の生涯を6つの発達段階からなると考えた。
  2. 成人期前期を様々な選択の迷いが生じるモラトリアムの時期であると仮定した。
  3. 青年期を通じて忠誠<fidelity>という人としての強さ又は徳が獲得されると考えた。
  4. 各発達段階に固有のストレスフルなライフイベントがあると仮定し、それを危機と表現した。
  5. 成人期後期に自身の子どもを養育する中で、その子どもに生成継承性<generativity>が備わると考えた。
解答

人の生涯を8つの発達段階からなると考えた。
青年期を様々な選択の迷いが生じるモラトリアムの時期であると仮定した。
青年期を通じて忠誠<fidelity>という人としての強さ又は徳が獲得されると考えた。
各発達段階に発達課題があり、それに対する危機があると仮定した。
成人期後期に自身の子どもを養育する中で、生成継承性<generativity>が課題となると考えた。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください