2018/8/26 学校臨床心理士会に参加して思ったこと

スポンサードリンク[ad#ad-1]

8月26日に、京都の国際会館で開催された

学校臨床心理士会に参加してきました。

SCをして9年目になりますが、初参加。

なかなか有意義な時間になりました。

今回のテーマは、ズバリこれからのスクールカウンセラー の動向について。

特に、全国の常駐・常勤のSCの取り組みについて発表されていました。

午前中は、坪田知広前文部科学省児童生徒課長の講演。

後半は、京都、鳥取、福岡、名古屋の取り組みをシンポジウム形式で。

やはり、全国的には、常駐・常勤化の流れになっているようですが

それぞれが、オリジナルの取り組みをしており、これからも全国で

様々な形式のSCが誕生していくと思われます。

学校臨床心理士会の内容を中心に、現在の常駐・常勤SCについてまとめたいと思います。

常駐型SCとは。常勤SCとの違い。

言葉が違うので、わかると思いますが、意外に勘違いされやすいのがこの2つですね。

常駐型のSCというのは、今回でいうと京都の取り組みがそうでしたが

一つの学校に、SCが常駐している

ということです。特徴は以下の通り。

一人ではなく、曜日に分かれて複数人配置されている

  • それぞれのSCは、非常勤で常勤ではない
  • 複数の目で学校を見ることができる
  • SC同士の連携が不可欠で課題でもある
  • 性別や年齢によって、学校も選択肢が多い
  • ゆえに、SCをコーディネートする役割を担う教員が重責で、力量を求められる

などなどです。

常勤SC。その配置形態の多様性。

常勤SCというのは、雇用形態のことで、非常勤ではなく常勤ということです。

社会保険や、賞与、年休などの福利厚生が整っています。

しかし、任期付き(1〜5年程度)か任期なしかという違いもあります。

現在、ほとんどの常勤SCは任期付きのところが多いようです。

そして、その勤務形態も多様です。

教育委員会等配置型常勤SC

今回の例でいうと、鳥取や福岡がそうでした。

学校に所属するわけではなく、教育委員会、教育事務所、教育センター、適応指導教室などに席を置き

担当している学校を曜日ごとに巡回したり、要請があれば出向くといったアウトリーチ型の常勤SC。

緊急支援事案が発生した時にも、派遣される立場であることも多いようです。

雇用形態では、常勤ですが、学校サイドからすると常駐ではないため、

一つの学校に行く回数でいうと、非常勤SCとそう変わらない(むしろ少ない場合も)ことが多い。

しかし、外部性は保たれ、非常勤SCと連携していきながら、教育委員会ともすぐに話ができる立場なので

各種社会資源を利用しやすいというメリットもあるようです。

学校常駐型常勤SC

今回の例でいうと、名古屋市の取り組みがそうです。常勤と聞いて、一般的に想像するのは

この学校常駐・常勤SCではないですか?しかし、この形態をとっているのはあまり多くないようです。

  • 莫大な予算がいること
  • 人材の確保
  • 常駐してやることがあるのか
  • その学校で機能しなかった時にケアしにくい

などの問題があるからだと思います。

この学校常駐型常勤SCを導入するためには、名古屋市のように、支える仕組みを取ることが必要だと思います。

多職種を同時に雇用し、チームとして構成。配置されていない学校にも出向くことができるシステムづくり。

研修制度の充実など、常勤SCを機能させる仕組み作りが肝になってきます。

 

どの形態や仕組みにも、メリット・デメリットがあると思います。

これからも、全国の取り組みを共有しながら、各自治体や学校に合わせたものを導入することが求められます。

スポンサードリンク[ad#ad-1]

 

 

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください