一刀両断 実践者の視点から【第168回】「学校カウンセラーの課題」を読んで

まずは、以下の記事をみてください。

 

まぁいらないと思っている校長先生もいると思いますが。そっちのほうが多いというのは実情とはずれていると思いますけどね。

そういう人もいるという点でいうと、教員の中にも不適格な人はいるし、それを一般化するのはどの業種についても違うかな。 

ただし、SCの特徴として、その学校に大体の場合1名しかおらず、代わりがきかないということがあるため、

教員に比べて、期待や失望、そこからくる影響も大きくなるかなというのはあります。

 

人間性という意味でも、教員と同等もしくはそれ以上に高いものを求められるというのはわかる。 

資格取得という意味では、臨床心理士の場合大学院まで出ることが条件になっており、教員免許取得より難易度は高い。

 

また、SC採用試験についても、見直しがすすんでいる自治体も多い。

これまでは、各県の臨床心理士会が推薦をしていたり、そこに登録していれば面接などはなく、希望調査票などに記入すれば

非常勤SCになれるようなところも多かったのは事実。

そういった経緯があり、いまだに相談室にこもっていたりして、学校で活動実績がないSCもいる。

そろそろ一律に1時間5000円という雇い方をやめて、学校評価などを盛り込んだ実績評価で時給が決められたりしないと

全体的なスキルアップはゆっくりしか進まない。

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください