マンガでセルフコントロール アンガーマネジメント編

世の中には、

自分の行動を、自分の意思でコントロールできるようにするための

様々な技術があります。

アンガーマネジメント、マインドフルネス、コーピングなどは

最近かなり注目されるようになってきたものです。

それらは、学べば、すぐに実践できるというものではなく、

知識を得て、繰り返し練習し、「習得」していくものです。

しかし、いますぐ実践で使いたい。すぐに行動を修正したいという方もいるでしょう。

そこで今日は、ぼくが普段意識して使っている方法を紹介します。

どんな方法かというと、自分の好きなマンガの名シーンやキャラクターをイメージするもので

モデリングやコーピングカードに近いものです。

 

今回は、自分が怒りをコントロールするときに使うシーンを紹介します。

「ワンピース」の山賊とシャンクスの酒場のやりとりのシーン

(出展:「ONE PIECE」)

かっこいいです。シャンクス。

自分が何に怒るかをしっかり決めている。

それを決めることができるのは、己の生き方への自信。

シャンクスさん、真似させてください。自分はこのシーンをまず思い出すようにしています。

「ヴィンランド・サガ」のトールズからトルフィンへの大切な教え

(出展:「ヴィンランド・サガ」)

誰にも敵などいない。

人は、意識的にも無意識的に、敵をつくろうとします。

そこから、怒りや闘争の心がうまれてきます。

どんなときに、自分は敵をつくろうとするのかを意識することが大切です。

誰かと争いそうになったとき、

このシーンを思い出すようにしてます。

ありがとう、トールズパパ。

あなたに敵はいますか?

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください