正統的周辺参加

スポンサードリンク

正統的周辺参加とは

共同体の下っ端、新参者が周辺から参加し、徐々に中核を担う存在となっていくプロセス及び学習概念。

Lave, Jean (レイヴ)と Wenger, Etienne(ウェンガー)によって提唱された。

第3回公認心理師試験に出題

問98 学びは多様であるが、例えば洋裁を学ぶ際に、工房に弟子入りし、仕上げ、縫製、裁断などの作業にも従事し、やがて一人前となるような学びを説明する概念として、最も適切なものを1つ選べ。 

  1. 問題練習法
  2. ジグソー学習
  3. 問題解決学習
  4. 正統的周辺参加
  5. プログラム学習
解答

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください