著書「人生の勝算」 学校が真のチームなるには程遠い?

とても刺激的な本でした。

ちんたらちんたらしている自分を見つけたときに、おすすめの本。

自分の人生にコミットしている人は、とても強く輝きているように見える。

 

中でも気に入ったのは、

宇田川さんの話。

「証券業という仕事においては、自分の力だけでは、どんなに努力してもたいした景色が見られないことがわかった。

数値でイメージするなら、一人で到達できるのは、1まで。でも、チームを育てて、みんなの力を掛け合わせていけば

1を、2にも10にも、100にもできる。俺は、1以上の世界を見たい」

対人援助職の人たちって、こういった向上心を持っている人って、

極端に少ない気がする。

一つは、誰からも好かれてサポートしてもらえる環境を作ること

二つ目は、自分のこと以上に周りに時間を使って、周りを強く育てることで、チームとして最強になる

ははー。

 

ある美容院の店長から聞いた話。

アメリカの美容業界では

  • カット専門
  • ヘアカラー専門
  • パーマ専門

 

などなど、それぞれの工程に、それぞれのプロフェッショナルがいるそうな

 

日本のように、受付して、カウンセリングして、シャンプーして

カットして、カラーして、パーマして、シャンプーして、乾かす

 

こんなことを全部一人でやると聞くと

アメリカの美容師は、びっくり仰天。

 

この話を聞いて、なるほどなぁと思った。

日本人のチーム意識って

自分たちは、基本全部のこと知っているし、できる。

その上で分担しますか!

っていう感じなのかもしれない。

 

だから、他の人がやっている工程も、知っているし、口も出したくなる。

そして、リスペクトがなくなる。

 

「手伝ってもらわないと成り立たないというアメリカ」と

「自分で一人で完結しようと思ったらできるけど、正直しんどい日本」とじゃ

チーム意識は違うのは当然なのかもしれない。

 

重要なのは

「何を知っているか」

ではなく

「何を知らないか」

なのですね。

「知らない」「わからない」「教えて」「支えて」「手伝って」「一緒にやろう」

これらをチームビルディングワードと呼ぼう。

 

まず、周りの人を好きになることから、はじめよう

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください