集合的無知(多元的無知)

集合的無知(多元的無知)

多元的無知とは社会心理学者のオルポート,F.H. が初めて提唱した。いわゆる、裸の王様現象のことである。

集団や社会の多くの成員が、自分自身は集団規範を受け入れていないにもかかわらず、他の成員のほとんどがその規範を受け入れていると信じている状況を指す概念。つまり、集団内の多くの人が間違ったことを思い込んでいる状態。

第4回公認心理師試験に出題

問11 集団や社会の多くの成員が、自分自身は集団規範を受け入れていないにもかかわらず、他の成員のほとんどがその規範を受け入れていると信じている状況を指す概念として、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 集団錯誤
  2. 集合的無知
  3. 集団凝集性
  4. 少数者の影響
  5. 内集団バイアス
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください