臨床心理士資格更新ポイント不足「新型コロナウィルス感染症の社会的影響下における特別な事情による不足」

臨床心理士の資格更新の手続きは、資格の発効日から満5年を経過するごとに行われ、5年以内に6項目中の3項目以上にわたって参加(発表)し、計15ポイント以上を取得することで資格を更新できる仕組みです。

そのポイントが不足しているとどうなるか。当然、資格を剥奪されちゃいます。笑

しかし、特別な事情がある場合は対応をしてもらえ、今回の新型コロナウィルス感染症は、その特別な事情に当てはまります。

どのような措置が行われるのか、気になりませんか?

まぁ普通は、5年で15ポイントなんて余裕なんですが、おっちょこちょいな人もいると思うので、参考に今回どのような課題が出されたか紹介しておきますね。(なんで知ってるんだ?笑)

以下の2つが、課題です。つまりレポート2つということですね。字数は、それぞれ800字以上1200字以内です。

課題①:『あなたが臨床心理士資格取得後に受けた研修のうち、それらがクライエントへの実践に還元された自験例を1例挙げ、その研修の心理臨床上の意義を具体的に述べなさい。』

特別課題:『今回の新型コロナウィルス感染症の拡大に伴って、あなたの心理臨床活動に影響を与えた自験例を挙げて、社会的な緊急事態における心理臨床活動に生ずる問題点、その解決方法等について具体的に述べてください』

これらの課題を30日以内に提出し、審査にかけられます。

審査に無事通れば、クリアです。

良いこのみんなは、ちゃんとコツコツ研修ポイントを貯めておきましょう。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください