前頭葉

前頭葉とは

前頭葉は、前頭前野、運動野、運動前野の3つで構成されている。随意運動の中枢、運動性言語中枢(ブローカ中枢)、思考、感情、注意などの機能と関連がある。人が人となるための重要なはたらきをしている。前頭葉の障害により、行動や人格の変化、記銘力の低下や自発性の欠乏などがみられる。

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

次の記述のうち、大脳の前頭葉の説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 計画、判断、評価、創造などの高次精神活動に関係する。◯

2 身体位置の空間的認識に関係する。

3 聞こえた音を識別する聴覚機能に関係する。

4 視覚と眼球運動に関係する。

5 情動調節や記憶形成に関係する。

平成29年度精神保健福祉士国家試験に出題

中枢神経とその機能に関する次の記述のうち、正しいものを 1 つ選びなさ い。

1 前頭葉では、空間や身体の認知が行われる。

2 頭頂葉では、意欲や意志の統合が行われる。

3 側頭葉では、言語の理解が行われる。◯

4 辺縁系では、筋緊張の調整が行われる。

5 大脳基底核では、自律神経系の統合が行われる。

第104回看護師国家試験に出題

前頭葉の障害に伴う症状で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 人格の変化◯
2. 感覚性失語
3. 自発性の欠乏◯
4. 平衡機能障害
5. 左右識別障害

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください