調査法

調査法とは

調査法のなかでは、質問紙が代表的な手段。一度に多数の回答者からデータを得られたり

長期的な追跡および、遠隔でも実施可能な点などがメリットとしてあげられる。

回答の仕方は様々ではあるが、

質問に対する回答を5〜7段階に分け評定させる評定尺度法が多く見られる。

(とても満足・やや満足・どちらともいえない・あまり満足していない・全く満足していないなど)

重要キーワード

ダブル・ハーレル質問

2つ以上の質問を同時に問う質問法。質問紙では、避けなければいけない。

キャリー・オーバー(文脈)効果

先にある質問が、後の質問に影響を与えること。

予備調査

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください