児童・生徒との手紙カウンセリング

スポンサードリンク

学校の中には、全校児童・生徒面接を要望してくる学校もあります。

そういう学校は、いくつか特徴があって

  1. SCが暇そうにしてるから難題をぶつけてくる
  2. 学校が小規模で、容易にできる
  3. 内在している問題があるにもかかわらず、相談が少ない
  4. かなり、相談活動に対しての理解がある

などなどですね。

全校面接とまではいかなくとも、何かしら子どもたちに働きかけてほしいという声が出ることも

その時は、手紙カウンセリングを提案してみることもいいかもしれません

下記のような資料を用意します(画像をクリックすると、ダウンロードできます)

みんなに配るか、相談室前に置いておくかなど、利用方法は様々。

学校のニーズにあわせて利用してみださい。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください