スクールカウンセラーは授業が下手くそ

スクールカウンセラーの仕事として、現職教育、児童生徒への授業、保護者向けの講演といったことが

少しずつ増えてきている。

平成29年1月に、教育相談等に関する調査研究協力者会議によって提出された

児童生徒の教育相談の充実について」にも、その内容が明確に記載されている。

 

しかし、

スクールカウンセラーって授業が下手。笑

まぁうまい人はうまいけど、基本は下手な人が多すぎる。

下手な理由としては、いくつか思いつく

 

  • 下手であることをどこか許されている(教員じゃないから)
  • 下手であることをなぜか開きなおっている(教員じゃないから)
  • 上手くなろうとしない(教員じゃないから)
  • 内容は詰めるけど、伝えかたは詰めない(むしろ、こっち大事やのに・・・)
  • そもそも、苦手だからやろうとしない(ベース心理士だからね・・・)
  • 誰も教えてくれない(問題ここです)

 

これでいいの?いや、いかんでしょ。笑

スーパーバイズでも、そこを指摘されることってないからねー。

 

子どもたちにとってわかりやすく

教職員にとって、価値があり、

保護者にとって、助けになる

そんな授業や研修、講演をできるように

 

スクールカウンセラーの授業力をあげないとね。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください