離脱理論・活動理論・継続性理論

スポンサードリンク

離脱理論とは

CummingとHenryによって1961に提唱された。高齢者と社会が離れていくことは避けられないとし、田舎で暮らすような生き方が高齢者の生き方として理想的であるとした。活動理論に反する理論。

活動理論とは

Havighurstらによって、離脱理論に反する理論として、1968に提唱された。理想的な老化とは、年齢によらず、可能な限りこれまでの活動を保持することであるとした。

継続性理論とは

Atchleyらが1987年に提唱。高齢者が、自身の過去の経験やこれまでに果たしてきた社会的な役割を活かすような選択を行ない、社会もそれによって安定するということ考え方を前提とした理論。

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください