レット症候群

レット症候群とは

アンドレアス・レット(Andreas Rett)によって報告された。ほとんど女児に起こる神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、常に手をもむような動作や、手をたたいたり、手を口に入れたりなどの動作を繰り返すことを特徴とする。
国の指定難病に指定されている。

平成25年度精神保健福祉士国家試験に出題

次のうち、1CD-10(国際疾病分類第10版)で「F4.神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害」に分類されるものとして、正しいものを1つ選びなさい。
1.一過性全健忘
2.気分変調症
3.ガンザー症候群◯
4.レット障害
5.トゥレット症候群
スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください