古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)

古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)とは

パヴロフ(Pavlov,I.P.)は、犬に音を鳴らした後に、餌を与えることを繰り返すと、音を聞いただけで、唾液を分泌することを発見した。この学習過程を古典的条件づけという。

無条件反応 (UR;:Un conditioned Response)
餌に対して唾液を分泌する反応。

無条件刺激 (US: Un conditioned Stimulus)
無条件反応を起こす刺激。ここでいいう餌。

中性刺激
無条件反応を起こさない刺激。

無関連反応
中性刺激によって起こる反応。

条件刺激 (CS:Conditioned Stimulus)
古典的条件づけに基づく刺激。例)学習成立後の犬に音を聞かせる。

条件反射 (CR: Conditioned Response)
古典的条件づけに基づく反応。例)学習成立後の犬が唾液を分泌する。

平成25年度精神保健福祉士国家試験に出題

レスポンデント(古典的)条件づけとオペラント(道具的)条件づけに関する次の記述のうち正しいものを1つ選びなさい。
 1 . レモンを心の中でイメージしていると、次第に唾液が出てきた。これはオペラント条件づけである。
 2 . 池のコイにエサを毎日与えていたら、池に近づいていくとコイが素早く寄ってくるようになった。これはレスポンデント条件づけである。
 3 . イヌが前足を出そうとしたときに、その行動をほめていたら、「お手」をするようになった。これはオペラント条件づけである。◯
 4 . プラナリアという原始的生物に、光を当てた後に電気ショックを与えていた。すると光を当てるだけで収縮するようになった。これはオペラント条件づけである。
 5 . ボタンをつつくとエサの出る装置にハトを入れたら、ボタンを盛んにつつくようになった。これはレスポンデント条件づけである。

 

スポンサードリンク

この記事もおすすめ!

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください