シンギュラリティ(技術的特異点)

 

自分が、シンギュラリティという言葉を聞いたのは

そんなに早い段階ではなく、ここ最近の話。

 

それから、何冊か、シンギュラリティやAI(人工知能)に関する本を読んで、

一番、コンパクトにわかりやすく書かれていたのが、この本。

[amazonjs asin=”4344984579″ locale=”JP” title=”シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)”]

 

第1章 シンギュラリティとは何か

第2章 爆発的進化で起きる。六つのD

第3章 人間が死なない、働かなくてもいい社会

第4章 第四次産業革命がはじまっている

第5章 エクスポネンシャル思考でなければ生き残れない

第6章 これが世界最先端のシンギュラリティ大学だ!

第7章 シンギュラリティ後をどう生きるか

 

タイトルだけだと、第3章が強烈。笑

 

シンギュラリティという言葉を聞いてからは

正直、読む本や考え方がかわりました。

 

ソフトバンクの孫正義さんも、

 

「人間のIQの平均は100、アインシュタインなど天才と言われる人は200と言われている。

30年以内にコンピュータのIQは1万になる」と発言。

 

予想することが、できないような時代を、自分たちは経験することになる。

 

人間のかわりに働いてくれるものがあらわれ

ベーシックインカムが整い

社会貢献をする必要がなくなったとき

 

人は、幸せになるのか

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください