ヴィパッサナー体験 コースに関わる人

瞑想

 

ヴィパッサナーの瞑想センターは、日本には、京都と千葉にあります。

世界中の瞑想センターの運営は、寄付とボランティアで成り立っています。

 

コース中の指導をしてくれている先生も、普段は別の仕事をしているボランティアです。

様々な人が関わっているので、そのことを紹介しておこうと思います。

 

【新しい生徒】

はじめて、10日間コースに参加する人のことを言います。

 

【古い生徒】

一度でも、10日間コースを受けた人は、こう呼ばれるようになります。

 

【奉仕者】

古い生徒が、奉仕者になることができます。コース中様々な奉仕をしてくれます。

キッチン担当とコースマネージャーがいます。

奉仕者がいないと、コースは成り立ちません。

 

 

【指導者】

ゴエンカ氏に、任命されたコースの先生です。瞑想に関する質問は、この先生にできます。

時間は、お昼休みと就寝前に、質問タイムがあります。

男性と女性のペアで、男性は男性の先生に、女性は女性の先生に質問ができます。

実際の指導は、録音されたゴエンカ氏の指導ですすめられていきます。

先生は、数名いらっしゃるようで、誰にあたるかはわかりません。

 

【コースマネージャー】

男性・女性各一人います。

瞑想については、指導者に尋ねることになりますが、それ以外のことについては、コースマネージャーと話すことができます。困ったことがあったら、コースマネージャーに聞くといいです。

 

【キッチン担当】

主に食事や飲み物の世話をしてくれます。

それだけでなく、風呂やトイレ棟の掃除など、参加者が瞑想に集中できるように、

コースマネージャーとともに、支えてくれます。

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください