PM理論

PM理論 三隅二不二

優しさの側面を人間関係維持(M:maintenance)機能と呼び,厳しさの側面を課題達成(P:performance)機能と呼ぶ。そして,リーダーの果たすそれぞれの機能の水準を高低2水準に分けて交差させ,4領域に類型化し,両機能をいずれも高水準で備えたPM型が最も効果的なリーダーシップであると主張した。

 

4つのリーダーシップタイプ

1. PM型(P・Mともに大きい)
目標を明確に示せ、成果をあげられると同時に、集団をまとめあげる力もある理想的なタイプ。
2. Pm型(Pが大きく、Mが小さい)
目標を明確に示せ、成果をあげられるが、集団をまとめあげる力が弱い。成果はあげるが人望がないタイプ。
3. pM型(Pが小さく、Mが大きい)
集団をまとめあげる力はあるが、成果をあげる力が弱い。人望はあるが、仕事は今ひとつというタイプ。
4. pm型(Pが小さく、Mも小さい)
成果をあげる力も、集団をまとめあげる力も弱い。リーダー失格タイプ。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください