乳幼児期(誕生〜1歳)

スポンサードリンク

社会的愛着

【生後2~3ヶ月】

赤ちゃんは誰に対しても愛想よく微笑みかけたり、抱こうとして手を伸ばすと喜んで抱かれる。

【生後4ヶ月頃~】

周りの人と母親(養育者)を区別して反応する。

ボウルビィの愛着理論

今でこそ、「愛着」とは専門家でなくとも使う言葉になったが、ここから始まる。

養育者が、赤ちゃんの行動(しがみつく、泣く、喃語を話す)に対して、適切な対応をすることで

愛着関係がうまれるとした理論。

感覚運動的機能と原始的因果律

◯感覚運動的機能

触る、見る、口に入れ舐めるなどし、世界を知っていく。

◯原始的因果律

泣いたり、笑ったりする反応→養育者は、何を求めているかを想像し、応える

これらを通して、世界を知り、対人関係の基礎を築いていく。

もし、泣いても何もしてもらえなかったら…子どもはどうなるでしょうか

対象の永続性

「眼の前の物が見えなくなっても、それは消滅したものではなく、なお、この世界の上に存在している」

という確信のこと。

【生後1~4ヶ月半】

視界から外された物をまったく探そうとはしない。

【生後8~12ヶ月】

視野から完全に隠された場合でも、障害物を取り除けて、物を取り戻すことができる。

「いないいないばぁ」は、赤ちゃんには、とっても大事な遊びかもしれませんね。

感覚的・運動的機能の成熟

◯感覚の五官

  • 視 覚:6~8ヶ月に大人の視力に近づく。
  • 聴 覚:出生直後から音に反応するが、一度1~2ヶ月で消失。その後、4ヶ月頃に再度音に反応するようになる。
  • 嗅 覚:生後すぐに反応。
  • 味 覚:生まれた直後から甘いものが好きで、すっぱいものには口をすぼめる。
  • 皮膚感覚(痛覚、触覚、冷覚、温覚)
  • 痛 覚:極めて早い時期より可能
  • 触 覚:原始反射

◯その他

運動感覚、平衡感覚、内臓感覚

独立2足歩行が可能になる

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください