「自分はモンスターペアレントかもしれない」と悩む保護者の方々へ

スポンサードリンク[ad#ad-1]

「こんなこと言うと、モンスターペアレントって思われないでしょうか?」

スクールカウンセリングで、保護者の方々と面接をしていると

こう言われる保護者のなんと多いことか。

はっきり言いましょう!!

そこまで、客観視できているのならば、あなたはモンスターペアレントではないです!!

いや、本当に。

僕は、このモンスター〇〇(ティーチャーやらなんやらあるみたいですね)

みたいな表現、そもそも大っ嫌いなんですよね。

学校でも、そんなワードを使って保護者を表現することは絶対しません。

確かに、横暴な、横柄な、理不尽な、病的な、病気の保護者はいっぱいいますす。

でも、まぁ仕方ないでしょ。

人間なんだから。色々いるわいな。

 

教師も保護者も人間なわけで

そこに必要なのは、レッテル貼りや責任の押し付けあいではなくて

コミュニケーションでしょう。

結局コミュニケーション不足が根底にあることが大半なんですよね。

「先生忙しそうだし」

「なんか、こんなこと言うの申し訳なくて」

「どこまで言ったらいいかわからなくて」

はい。全部それ、先生に言っちゃってください。

けど、勘違いしてはいけないのが

それは要望でもお願いでもなくて、子どもに関する情報提供なんですよね。

 

親が言えば、全部通るとか、言われたら対応しないといけないとかではないので

そう思うことは間違いです。けど、伝えることは、子どもの支援や学校生活、家庭生活で役に立つかもしれませんし

ちゃんとお互いに、情報は交換しましょう。

大切な子どものためですよ。

スポンサードリンク[ad#ad-1]

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください