メンタライゼーション

メンタライゼーションとは

メンタライゼーションとは自分や他人の感情に注意を向けたり、

行動がその人の心の状態から起こるということを理解したりする一連の心の動きのこと。

J.G.アレンとP.フォナギーによる定義

  •  心で心を思うこと
  •  自己や他者の精神状態について注意を向けること
  •  誤解を理解しようとすること
  •  自分自身をその外側から眺めること、他者をその内側からみつめること
  • (何か/誰かに)精神的性質を付与すること、あるいは精神的に洗練させること

引用(Mentalizing in Clinical Practice,2008)

メンタライゼーション治療法(Mentalization-Based Therapy:MBT)

精神分析の流れで注目を集めている介入に、MBTがある。

これは,自己と他者,関係性に関するメンタライジングを促進することを目標とし、その手段とし て、

 

  1. 治療の構造化
  1. 治療同盟の確立
  2. 対人領域と社会的領域への焦点づけ
  3. 患者-治療者関係の探索

などの技法を利用する介入法である。

池田暁史(2010). フォナギーとメンタライゼーション 妙木 浩之編著

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください