マッチスティック・メン「強迫性障害」

なかなか面白かった。

が、Yahoo映画とかの評価ほどではないかな…

解せないところも、少しあったし。

けれど、病気と健康に関して考えさせられるところがあり、最後はほんわかな気分になれたので

よかった。

 

強迫性障害の男「ロイ」を演じるのはニコラス・ケイジ

どんな症状があるかというと

  • 目をパチパチさせる
  • 潔癖
  • ドアを開けるときに、「ワン、ツー、スリー」と唱えながら、3回で開ける
  • たばこをやたら吸う

などなど

 

薬を飲んでも、カウンセリングを受けても、根本的には治らない。

ところが、そんな症状が緩和されている時がある。

 

それは、ロイが他者とつながり、情緒的な交流をしている時

幸せを実感している時、そこにあるのはお金ではなく、大切な人と過ごしている時間だった

 

ありきたりな設定ではあるけれど、とても大事なこと

病気の治療に必要なことは、クスリやカウンセリングではないと、やはり思うなぁ。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください