ガタカから学ぶ、発達障がい

20年前に観ていたら、もっと衝撃を受けただろうと思う映画。

SFものは、やっぱりリアルタイムで観て行かないと、どんな良い映画でも

見応えが下がるような気がします。

しかし、学ぶことは多い映画。

 

「遺伝子で、人間が評価される」

 

良い仕事につくことも、寿命も、

どんな人生を歩んでいくかも

産まれた瞬間に決まる。

というよりは、産まれる前から遺伝子の選定が行われ

よりよい遺伝子をもった子どもをつくるために

人工的に受精と操作を行う。

 

主人公は、そんな中、自然受精で産まれ

心臓に生まれ持って疾患をもっていた。

夢は、宇宙飛行士…けど、遺伝子的には、不適合者

 

どんな人間が社会に望まれているかという視点において

子育てや教育を推進していくことは

とても、危険なことのように思う。

 

なぜ、身体や脳の不自由な子どもがうまれてくるのか。

その哲学的な意味を解明するとかではなく、

なぜ、そのような子どもがうまれてしまうのかを考えることが

人間が人間を見つめなおす機会になるはず。

 

不適合者を排除するという姿勢は、あってはならないが

そういった社会や学校に、苦しんでいる子どもたちは

今でも存在する。

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください