公認心理師試験10日前 当日準備「マークシート用鉛筆」

スポンサードリンク

さてさて、いよいよ10日前になりました。

そろそろ、勉強以外のことも準備していきたいですね。

会場に下見に行く人なども、出てきているようです。少しでも、自分の不安をなくすために、準備したいですよね。

ところで皆さん、筆記用具の準備は万端でしょうか?

今日は、マークシート用の鉛筆の話をしたいと思います。

公認心理師の試験は、午前2時間、午後2時間とかなりの長丁場です。

出題数は150〜200問程度。これ、めちゃくちゃ多いです。

臨床心理士の試験でも経験しましたが、100問もといていると、後半は視野が狭くなるくらい疲れます。

どれだけエネルギーを、問題を解くことにあてられるかということは非常に重要です。

そこで、鉛筆。

シャーペンの芯がポキポキ折れたり、いちいち削ったり、マークするのに労力を使ったり・・・

そんなことに時間も気も取られないように、マークシート用の鉛筆を買っておきましょう。

何本も削ったものを用意しておきましょう。

いくつか試してみて、自分に合ったものを使うといいですね。

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください