高次脳機能と高次脳機能障害

スポンサードリンク

意識と意識障害

外から入ってくる刺激や内部から上がってくる刺激に気づく能力

  • 24時間を通して変動し、睡眠、覚醒を繰り返している。
  • 覚醒時でも小さな揺れが常に生じている。

これが障害されると意識障害となり物事を正しく理解することや、周囲の刺激に対する適切な反応ができなくなる

注意と注意障害

気づきの対象(意識している内容)を鮮明にする働き。

1つの対象に集中する働き

  • 自分で注意を集めたり、高めたりすることができる。
  • 意思と関係なく、対象が注意を自動的にひきつけ、意思がそれを抑制できないこともある。

これが障害されると注意障害となり、ぼんやりしていて、ミスが多くなり、注意散漫になる。

記憶と記憶障害

行動・認知能力の背景にある。経験が蓄積されるからこそ、新しいことを新しく受け止め、経験と比べながらそのことに対応することができる

  • 意識がなければ記憶は形成されない。
  • さまざまな種類と分類の方法がある。

これが障害されると記憶障害となり、同じことを何度も聞いたり、新しいことを覚えられなくなる。

知覚性認知能力と失認

自分の周りにあるものをとらえる力

これが障害されると、失認となり情報処理段階によって、さまざまな水準の障害がみられる。

例<視力の場合>

○形だけがわかりにくい。

○見えていて、形はわかるが、それが何という名前かがわからない。

○見えているのに、何に使うかわからない

○色がわからなくなる。

○知っている人の顔がみわけられない

視空間認知能力と半側空間無視・道順障害

空間の位置関係を理解する。

これが障害されると、半側空間無視、道順障害のなどの問題が生じ

○離れたところにあるものをとろうと手を伸ばしても失敗する。

○左側(または右側)にある人や物に気づかず、ぶつかったりする。

○食事のときに、左側(または右側)の品物だけ食べ残す。

○まわりの風景がわかり、今いる場所もわかるが、そこから目的地までの道順や方角がわからない。

行為能力と失行

人間の行動のなかで、単なる運動や動作ではなく、具体的な意図をもった行動

これが障害されると、失行となる

○道具をもてない

○今まで使っていた道具をつかえない。

○手袋をはめる、紙を裏返す、ボタンをかける行為がぎこちなくなる。

○服を脱いだり、着たりできない

○麻痺した側の手足がないかのようにふるまう

言語能力と失語

ことばを使う能力。話される言葉を聞いて理解する(理解)、相手に向って自分の思いを話す(発話)、相手の言葉をくりかえす(復唱)、ものの名前を思い出す(呼称、喚語)

これが障害されると失語となり

○ことばがスムーズに出てこない。

○相手の話がうまく理解できない。

○自分の気持ちをうまくことばで伝えられない。

○言い間違いをする

○書くことや読むことがむずかしい

○本人はなめらかに話しているつもりだが、周りは何を言っているか理解できない

遂行機能と遂行機能障害

目的をもった行動をするためや、日常の問題を計画的に解決するために必要な機能

  • ①目標の設定、②計画、③計画の実行、④効果的な行動
  • より必要な情報の取捨選択に判断力が必要となる。
  • 複数の目標や結末を想定した柔軟、計画的な思考。

これが障害されると、遂行機能障害となり、

○自分で計画が立てられない

○人の指示がないと何もできない

○行き当たりばったりの行動

社会的行動と社会的行動障害

社会的に適応した行動をとる。

これが障害されると、

○すぐ人を頼る。子どもっぽくなる。

○欲求のコントロールができず、金遣いが荒くなる、過食。

○感情のコントロールができず、すぐ怒る、感情を爆発させやすい。

○相手の立場や気持ちを思いやれないために、よい人間関係が作れない。

○ひとつのことにこだわり続け、他のことができない

平成24年度介護福祉士国家試験に出題

高次脳機能障害の1つである遂行機能障害として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 物の置き場所や約束を忘れる。
 2 . 集中力がない。
 3 . ちょっとしたことですぐ興奮して怒鳴る。
 4 . 決まった方法にこだわり、状況に応じた判断ができない。◯
 5 . 同時に2つ以上のことをすると混乱する。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください