子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引き

スポンサードリンク

子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引きとは

平成22年に文部科学省が作成した、学校で子どもの自殺が起きた時の対応マニュアル。

 

平成27年度精神保健福祉士国家試験に出題

「子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引き(平成 22 年)」(文部科学 省)に関する次の記述のうち、正しいものを 1 つ選びなさい。

1.学校への教育委員会のサポートは、自殺が発生して3 日目以降が望ましい。

2.「学校再開日」には、校長が全校集会で出来事を詳細に説明する。

3.自殺の連鎖の防止には、数日間の休校が望ましい。

4.自殺の事実を文書で保護者に知らせる場合には、あらかじめ遺族に文案を示して了解を得る。◯

5.教職員がスクールカウンセラーに相談したいときは、管理職に申し出る。

(注)「学校再開日」とは、「発生後に初めて子どもが登校する日」のことである。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください