不登校生徒の卒業式について

卒業式シーズンですね。

本日は、多くの中学校で、卒業式が行われたことと思います。

長期や短期にかかわらず、学校に来ていない子どもたちにとっても、大事な行事になります。

小学校・中学校での最後の日をどのように過ごすかは、成人になった不登校経験者と話をしていても

鮮明な記憶として残っている場合が多いです。

一人一人の状態に合わせて、対応できることが望ましいですね。

不登校の子どもを抱える保護者としても、子どもとじっくりその日をどのように迎えたいか

話をしっかりしてほしいと思います。

 

不登校児童生徒の卒業式には、いくつかのパターンがあります。

  1. 卒業式に参列する
  2. 参列はしないが、体育館の上から見学して参加
  3. 別室登校の部屋や、適応指導教室、フリースクール等で卒業式を行なってもらう
  4. みんなと同じ時間帯には来れないので、午後から校長室で、個別の卒業式をしてもらう
  5. 学校には来れないので、自宅で卒業証書をもらう
  6. 先生には会えないので、保護者が代わりに卒業証書を受け取りにくる

精神的な負担としては、数字が若いほど大きいかと思いますが

3年間一度も登校していないにも関わらず、卒業式だけ来る子も中にはいます。

卒業式に参列する意思がある場合は、

段取りや動き方があるので、練習に参加したり個別で練習したりする必要があります。

 

学校側も保護者側も、本人と良く話し合って決めていってほしいと思います。

スポンサードリンク

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください