発達まとめ フロイト、エリクソン、マーラー、ピアジェ

スポンサードリンク[ad#ad-1]

Freud, S.(フロイト)「心理性的発達理論」

段階 年齢 リビドーのエネルギー 性格特性
口唇期 満1歳ころまで 母乳を吸うことと関連し、リビドーの満足は主に口唇周辺に求められる。 依存的、常に人に頼り自主性がなく社交的、寂しがり屋で孤独を怖れる。このタイプは往々にして本来の口唇的欲求も強く、食いしん坊、甘いもの好き、食道楽、嗜癖に陥りやすいなどの傾向がある。
肛門期 2,3歳 排泄のしつけと関連し、肛門の感覚を楽しむ。具体的には排泄後の快感である。 几帳面、ケチ、頑固、自分の世界を他人に乱されるのを極端に嫌う。反面、ルーズでだらしない。
男根期 5,6歳まで 関心が男根に集中する時期 攻撃的、積極的、自己主張が強く人前に出ることを怖れない。リーダーシップを取りたがる。あるいは人を傷つけないことを怖れない。
潜在期 学童期 幼児性欲は一時影をひそめ、子供の関心は知的方面に移行し、比較的感情が安定する時期。
性器期 思春期以降 初めて性器を中心とした性欲の満足が求められる時期 具体的な言及はないが、成熟した感情を持ち、人を愛し受容できる、いわば理想的人格。

Wikipediaより

Erikson, E. H.(エリクソン)「心理社会的発達理論」

ライフスタイルで分けた8つの発達段階は、2つの対立する解決への方向付けの争い(葛藤)によって特徴付けられている。

1.乳幼児期 : 基本的信頼 対 基本的不信 希望

2.乳児期初期:  自律性  対 恥、疑惑  意志

3.遊戯期  :  自主性  対 罪悪感   目的

4.学童期  :  勤勉性  対 劣等感   適格

5.青年期  :  同一性  対 同一性混乱 忠誠

6.前成人期 :    親 密  対 孤立    

7.成人期  :  生殖性  対 停滞    世話

8.老年期  :   統 合  対 絶望、嫌悪 英知

Mahler, M.(マーラー)「分離・個体化理論」

接近期の終了:1歳頃。独立して行動。
再接近期:1歳半から2歳頃。再び、自分の行動を親に見て欲しいという気持ちになる。依存と独立のアンビバレント。
個体化の確立:親からの独立。

Piaget, J.(ピアジェ)「認知発達理論」

1 感覚-運動期 0~2歳
2 前操作期 2~7歳
3 具体的操作期 7~12歳
4 形式的操作期 12歳以上

スポンサードリンク[ad#ad-1]

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください