ハチドリのひとしずく「あなたのちっぽけな行動が何かに影響していることを忘れない」

「ハチドリのひとしずく、いま、私にできること」という本を知っていますか?

南米のアンデス地方に伝わるお話で、その話を聞いて感動された辻信一さんが書籍化をされ

日本に紹介されました。

以下が、そのお話全文。とても短いですが、心にグッとくるお話です。

森が燃えていました

森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名の

ハチドリだけはいったりきたり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て

「そんなことをしていったい何になるんだ」

といって笑います

クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

 

クリキンディが偉く、他の生き物が悪いということではありません

他の生き物にもそれぞれ逃げた理由があるかもしれません(笑っているものもいましたが)

子どもを守るためや、そもそも生きることでまたどこかで誰かの役に立てる

それぞれの生き物には、それぞれの役割があります

 

クリキンディは、他の生き物を否定していません

自分ができることをしているだけなのです

 

クリキンディのちっぽけだけれども、とても勇敢な行動を見て

手伝うものが現れるかもしれません

 

でも、クリキンディはそのことを行動の目的にはしていません

あくまでも、自分にできることをしているだけなのです

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください