映画「ギフテッド」能力より愛

スポンサードリンク

おすぎのこの映画見なさい!

でも紹介していて、タイトルから気になっていた映画。

ギフテッドっていうのは、あまりまだ日本では知られていないけど

先天的にかなり高い知能を持っている人のこと。

1993年、アメリカ教育省は、「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と定義している。能力別指導が当たり前である欧米では、ギフテッドに対しても、ギフテッド・タレンテッド教育と呼ばれるプログラムがある。ギフテッドが学術的な才能を指すのに対して、タレンテッドは芸術的な才能を持つ人物を意味する。

アメリカでは、定義や教育プログラムもあるが、日本では少しずつといった感じ。

渋谷区で公的にギフテッド教育が動きだすということが

今年の9月に話題になっていました。

「渋谷区で動き出したギフテッド教育、協働する東大先端研と区長の思い」マイナビニュース

日本でも、関連書籍が出てきています。

 

肝心の映画はというと、

ギフテッドやギフテッド教育に視点をあてているというよりかは

その子を取り巻く、人間ドラマの映画。予告編はこちら。

 

映画としては、とてもいい映画。

心があったまり、じわ〜〜と感動する。

「I am Sam」に重なる部分が多いです。

こちらは、ショーン・ペン演じるサムが、知的障害の親という設定。

2人の子役ダコタ・ファニングとマッケナ・グレイスが重なって、いい感じ。

「I am Sam」のダコタ・ファニング

「gifted」のマッケナ・グレイス

 

残念ながら、限られた映画館でしか上映していないので

気になる方は遠方に出かけても見る価値はあると思います。

おすすめ!

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください