キューブラー・ロス 死の受容プロセス

エリザベス・キューブラー・ロス(Elisabeth Kübler-Ross)は

著書「死ぬ瞬間(1969年)」の中で「死の受容プロセス」を提唱しています。

第一段階:否認 病気や死を「真実ではない」と否認する
第二段階:怒り 真実を認めざるを得なくなると、怒り、恨み、ねたみなどの感情が起こる。
第三段階:取引き 神様や運命などに「よい患者になります」などと申し出をし、その見返りとして延命などの願いを叶えてもらおうとする。
第四段階:抑うつ 症状が進行し、衰弱してくると、病院によって失った多くのものを前に絶望する。愛する人々を残して1人この世からいなくなる悲しみのために抑うつ的になる。
第五段階:受容 痛みも感情もほとんどなくなり、平穏な休息のときとなる。衰弱しきり、うとうととまどろみ、静かに最後を迎える。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください