家庭内暴力(DV)

スポンサードリンク

家庭内暴力(Domestic Violence:DV)とは

定義「配偶者からの暴力」

内閣府男女共同参画局HPより

夫婦間暴力(intimate partner violence :IPV)も、同義。

「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」とは

配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律です。
被害者が男性の場合もこの法律の対象となりますが、被害者は、多くの場合女性であることから、女性被害者に配慮した内容の前文が置かれています。

内閣府男女共同参画局HPより

 

平成28年度臨床心理士資格試験に出題

家庭内暴力(DV)に関する記述の中から、正しいものの組み合わせを選ぶ問題。

A.配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(配偶者暴力防止法)は、生活の本拠を共にする交際関係を解消したあとでも適用される。◯

B.「保護命令」に関する規定については、心理的な苦痛をともなう言語的暴力も対象としている。×

C. DV被害にあった親子を支援するには、配偶者暴力相談支援センター、福祉事務所、警察、地方裁判所など多様な機関との連携が必要となる。◯

D.配偶者暴力防止法においては、女性の被害者をその対象としている。×

スポンサードリンク

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください