廃用症候群

スポンサードリンク

廃用症候群とは

老化に伴う運動の減少や怪我、退職により、することがなかったり、すぐに疲れるために、動くことが少なくなる事に

よって、精神機能が低下すること。生活不活発病とも呼ばれる。認知症や寝たきりにつながる。

平成29年度精神保健福祉士国家試験に出題

廃用症候群に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1. 関節拘縮は起こりにくい。
2 .筋の萎縮は起こりにくい。
3 .高齢者では起こりにくい。
4 .起立性低血圧が起こりやすい。◯
5 .急性期リハビリテーションで離床を早期から行うことで起こりやすい。

第101回看護師国家試験に出題

廃用症候群の予防で正しいのはどれか。

1.温罨法
2.安静臥床
3.減塩食の提供
4.関節可動域訓練◯

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください