コラージュ療法

コラージュとは

コラージュはもともとピカソ(Picaso,P.1881-1973)やブラック(Braque,G.1882-1963)

によって芸術の一つの技法として20世紀の初めに登場していた。

コラージュ療法とは

1987年 森谷寛之が「箱庭療法」をヒントに発案する。

コラージュ療法の利点として、レディメイドを用いるこ、手軽で持ち運びが容易であり、

手続きが簡単で、多くのイメージを取りこめる可能性があり、具体的なメッセージを持つことがあげられる。

コラージュ療法には、以下の方法がある。

【コラージュ・ボックス法】

治療者が、製作者(クライエント)に必要であろうイメージを切り抜き、集めてボックスに入れておく。そこから、製作者が選び、貼り付ける。

【マガジン・ピクチャー・コラージュ法】

製作者が持ってきた雑誌から、自分で選び、切り抜き、自分で貼る。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください