ブリーフセラピー

ブリーフセラピーとは

精神科医ミルトン・H・エリクソンの臨床実践に何らかの啓発を受けて発展した短期心理療法の一群のこと。

MRIブリーフセラピー、戦略的アプローチ、NLP(神経言語プログラミング)、エリク二アン・アプローチ、解決志向ブリーフ・セラピー(SFBT)などが含まれる。

ブリーフとは

briefとは「短時間の」という意味。

①効果的であること

見える「結果」「効果」を重視する

②効率的であること

「時間的コスト」「経済的コスト」「心理的コスト」

心理療法やカウンセリングの領域では、コストを下げたほうが効果が高くなる傾向がある。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください