平成30年度公認心理師国家試験「問9」

スポンサードリンク

問9 パーソナリティの特性に根源特性と表面特性とを仮定し、根源特性として16因子を見出した心理学者は誰か。正しいものを1つ選べ。

  1. C.R.Cloninger
  2. G.A.Kelly
  3. H.J.Eysenck
  4. J.P.Guilford
  5. R.B.Cattell
解答

C.R.Cloningerは、TCI(Temperament and Character Inventory:気質性格検査)を開発。

G.A.Kellyは、パーソナル・コンストラクト理論を提唱。心のメガネ(コンストラクト)を通して、人は環境や物事を捉える。人のコンストラクトを把握することで、個々のパーソナリティを理解できるという考え方。

H.J.Eysenckは、特殊反応水準、習慣反応水準、特性水準、類型水準という4つの階層から性格特性を捉えた。モーズレイ人格目録(MPI)を考案。

J.P.Guilfordは、ギルフォード性格検査を考案。日本では、その検査をモデルに、YG性格検査が作られた。

R.B.Cattellは、問題文の通り。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください