平成30年度公認心理師国家試験「問34」

スポンサードリンク

問34 自殺対策におけるゲートキーパーの役割について、不適切なものを1つ選べ。

  1. 専門家に紹介した後も地域で見守る。
  2. 悩んでいる人に寄り添い、関わりを通して孤立や孤独を防ぐようにする。
  3. 専門的な解釈を加えながら診断を行い、必要に応じて医療機関を受診させる。
  4. 悩んでいる人のプライバシーに配慮しつつ、支援者同士はできるだけ協力する。
  5. 悩んでいる人から「死にたい」という発言がなくても、自殺のリスクについて評価する。
解答

ゲートキーパーとは自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

厚生労働省HPより

ゲートキーパーは、専門家とは限らないため、「診断」は役割には含まれない。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください