平成30年度公認心理師国家試験「問32」

スポンサードリンク

問32 注意欠如多動症/注意欠如多動性障害<AD/HD>の診断や行動特徴として、不適切なものを1つ選べ。

  1. 女性は男性よりも主に不注意の行動特徴を示す傾向がある。
  2. 診断には、複数の状況で症状が存在することが必要である。
  3. 診断には、いくつかの症状が12歳になる以前から存在している必要がある。
  4. 診断には、不注意、多動及び衝動性の3タイプの行動特徴を有することが必要である。
  5. DSMー5では、自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害<ASD>の診断に併記することができる。
解答

診断では、不注意症状と多動性/衝動性症状は分けられており、3つの行動特徴を有することは必要とされていない。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください