平成30年度公認心理師国家試験「問29」

スポンサードリンク

問29 労働者の心の健康の保持増進のための指針の職場における心の健康づくりについて、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 労働者の心の健康は、家庭や個人の問題とは切り離して捉える。
  2. メンタルヘルス不調となった労働者の職場復帰の支援を行う活動は含まれない。
  3. ストレスへの気づきや対処法などに関する教育研修と情報提供とが継続的かつ計画的に実施される。
  4. メンタルヘルスに関する情報は、適切な対応に必要な情報が的確に伝達されるように加工せずに提供する。
  5. 「セルフケア」、「ラインによるケア」及び「事業場外資源によるケア」の3つが継続的かつ計画的に実施される。
解答

家庭・個人生活等職場以外の問題からくるストレスについても留意していくことが必要。

職場復帰の支援は、活動に含まれている。

本指針に基づき、各事業場の実態に即した形で、メンタルヘルスケアの実施に積極的に取り組むことが望ましい。

「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」及び「事業場外資源によるケア」の「4 つのケア」が継続的かつ計画的に行われることが重要とされている。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください