平成30年度公認心理師国家試験「問144」

スポンサードリンク

問144 事例

9歳の男児A、小学3年生。Aは学校で落ち着きがなく、授業に集中できずに離席も多いため、担任教師に勧められて、母親が家の近くにある市の相談センターに連れて来た。母子家庭できょうだいはない。3回目の面談には、Aが一人で来所した。Aの顔が赤く腫れ上がっており、公認心理師Bが尋ねると、「昨日家でおじさんに殴られた。怖いから家に帰りたくない」と怯えた表情で訴えた。Bが「おじさんって?」と尋ねると、「一緒に住んでいる人」と答えた。よく見ると別の場所や手足に古いあざのようなものが多数あった。

Bの取るべき行動として、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 相談センターの責任者に伝え、センターから市の虐待対応部署に通告する。
  2. 家に帰すことは危険と考え、AをBの家に連れて帰り、母親に連絡を取る。
  3. 事実の確認が必要と考え、司法面接の技術を用いて、自ら詳細な聞き取りを行う。
  4. 怖い気持ちを十分に受け止めた上で、家に帰るように諭して帰宅させ、次回にその後の様子を聞く。
  5. 母親に連絡をしてAが怯えていることを伝え、母親に「おじさん」の暴力を止めてもらうよう依頼する。
解答

児童虐待の防止等に関する法律第6条(児童虐待に係る通告)
児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください