平成30年度公認心理師国家試験「問14」

スポンサードリンク

問14 集団思考<groupthink>に関する説明として、正しいものを1つ選べ。

  1. 集団内で同調圧が高いと感じるときに生じやすい。
  2. 集団意思決定の質は個人による意思決定に比べて優れている。
  3. 集団構成員間の親密性が低いとき、思考や発言が抑制されやすい。
  4. 集団で課題を遂行すると、一人当たりの成績は単独で遂行するときよりも低下する。
  5. 緊急時に援助できる人が自分以外にもいる場合、自分しかいない場合より援助行動が抑制されやすい。
解答

集団思考とは、集団で合議を行う場合に、不合理、危険な意思決定がされることをいう。
集団内の同調圧が高いような団結力がある集団で起きやすい。
その意思決定には問題があるということを前提とした考えである。
集団構成員間の親密性が高い時、思考や発言が抑制されやすい。
④は、社会的手抜きの説明。
⑤は、傍観者効果の説明。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください