平成30年度公認心理師国家試験「問12」

スポンサードリンク

問12 児童虐待について、正しいものを1つ選べ。

  1. 主な虐待者は実父が多く、次に実父以外の父親が多い。
  2. 身体的虐待、心理的虐待及び性的虐待の3種類に大別される。
  3. 児童虐待防止法における児童とは、0歳から12歳までの者である。
  4. 児童の目の前で父親が母親に暴力をふるうことは、児童虐待にあたる。
  5. 児童虐待防止法が制定されて以降、児童虐待の相談対応件数は減少傾向にある。
解答

主な虐待者は実母が多く、次に実父が多い。
身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクトの4種類に大別される。
児童虐待防止法における児童とは、18歳に満たないものとしている。
児童の目の前で父親が母親に暴力をふるうことは、児童虐待(心理的虐待)にあたる。
児童虐待の相談対応件数は増加傾向にある。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください