mhGAP介入ガイド

スポンサードリンク

mhGAP介入ガイドとは

mental health:メンタルヘルス
Gap:ギャップ
Action:アクション
Proglam:プログラム

WHOが、2010年に開発。精神衛生に関しての様々なギャップ(地域的、経済的、人種間など)を是正することを目標として掲げ、精神保健を専門としない保健医療の現場でも質の高いメンタルヘルスケアを提供できるように作られたガイドブック。

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

mhGAP介入ガイド(mhGAP Intervention Guide)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

  1. 精神保健専門家のいない保健医療の場で使用する目的で作成された。◯
  2. 世界各国の精神保健資源に関する基礎データを、統一的な様式で集約及び記述することを目指して作成された。
  3. 災害や紛争後の精神保健的支援の在り方について、国際機関や国際NGOの代表による議論に基づき作成された。
  4. 自殺が公衆衛生上の重要な課題であるとの認識を高め、各国の包括的な自殺予防戦略の実施を支援する目的で作成された。
  5. アルコールの有害使用の課題を整理した上で、その低減に向けた政策の選択肢と介入策を提示する目的で作成された。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください