TAT(主題統覚検査)

TAT(主題統覚検査)Thematic Apperception Testとは

作成者:Morgan,C.D.とMurray,H.A=空想研究の一方法 1935年 構成法投映法検査

ある場面・状況を表している絵を被験者に見せ、それがどんな場面・状況を表しているかを問い、簡単な物語を作ってもらう。

第一図版

TATの分析と解釈

Murray,H.A.らの欲求―圧力分析が有名。

長所:豊な反応が見られる

短所:実施、分析、解釈方法が一定しない

使用は減ってきている。

CAT(幼児用) Bellak,L.

SAT(高齢者用) Bellak,S.S.

平成26年度臨床心理士資格試験に出題

正しい組み合わせを答えさせる問題

A.ほとんどのTATカードには人物が描かれているので、被検査者の人間関係の様相が、物語に表れやすい。◯

B.パーソナリティ理解にとって重要度の高い5枚のカードが定められており、通常の実施においてはそれらが優先的に用いられる。×

C.TATの物語は、被検査者の想像の産物というよりは、むしろ実際の体験を直接に表していると考えたほうが良い。×

D.物語はすぐれてideographic(個性記述的)であるから、一定の規準に照らして量的な分析を行うのは困難である。×

スポンサードリンク

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください