尺度水準

スポンサードリンク[ad#ad-1]

尺度水準とは

調査対象に割り振った変数、その測定、あるいはそれにより得られたデータを、それらが表現する情報の性質に基づき数学・統計学的に分類する基準。低い水準から名義尺度、順序尺度、間隔尺度、比例尺度の4つがあり、上の水準は、それより低い水準の性質もあわせ持つ。

データの種類 尺度の種類 尺度の意味 データの例 代表値
質的データ(変数) 名義尺度 分類の順序に意味が無いもの。単なるラベル。 好きな食べ物、性別、血液型 最頻値
順序尺度 分類の順序に意味があるもの。 成績の順位、学年 中央値、最頻値
量的データ(変数) 間隔尺度 データの間隔に意味があるもので、ゼロもひとつの状態にすぎないデータ。 温度、時刻、年齢 平均値、中央値、最頻値
比例尺度 データの比率に意味があるもので、ゼロが何もないことを意味するデータ。 身長、体重、金額 平均値、中央値、最頻値

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください